上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
suuaの小さな夢。

自分の読んだ本を、本棚にずら~っと並べたい!!

その夢が叶うかもしれない!(^^)!

でも引っ越しで本を全部持って行くのは結構大変…。

もともと本を読み返すことはないに等しいsuuaなので

取っておいてもそれはインテリアとなるだけ。。

いま自分に合わなかった本は売ってしまうか

それとも全部持っていくか。

はたまた実家に置いとくか(←夢叶わない…)

悩み中です(笑)


今回も記録のみ。




『NO.6 ♯7』 あさの あつこ

『ダブル・トラップ』 大沢 在昌




スポンサーサイト
2013.03.18 Mon l book l コメント (0) トラックバック (0) l top
最近は読んだら読みっぱなしだったり、

ずいぶん読まない日が続いたりと

なんだかグダグダ。

なので、感想はおいといて(いつもたいした事書かないけど…)

記録だけ。



『魔女の笑窪』 大沢 在昌

『トワイライト 下』 ステファニー・メイヤー

『トワイライトⅡ 上』 ステファニー・メイヤー

『トワイライトⅡ 下』 ステファニー・メイヤー

『トワイライトⅢ 上』 ステファニー・メイヤー

『セイジ』 辻内 智貴

『鍵』 乃南 アサ

『ハードボイルド・エッグ』 萩原 浩



2013.03.03 Sun l book l コメント (0) トラックバック (0) l top
この記事、さっきまで書いていたのに

凡ミスで消してしまい…今凹んでおります。。

ということで、気を取り直して!

映画の記事ばかりあげていて本の記事がひさしぶりに…^^;

でも地味~に読んでいました。

現実逃避の兆候なのか(笑)良い感じのペースです♪

読んでから2ヶ月くらい経っているものもありますが…

思い出しながらの記録です。





『八日目の蝉』  角田 光代


      映画を観て、いつか原作を読みたい!と思っていたので
      やっと読めたという感じでした。
      小説はけっこうあっさりといった印象でしたね。
      映画はやはり魅せる、泣かせるといった演出があるのかな、と。
      個人的には映画の方が好きです。



『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』  岡崎 琢磨


      本を買いたい衝動に駆られ、久しぶりに原価で購入。
      いま流行り(?)な感じの表紙に惹かれて読んでみました。
      おもしろいといえばおもしろいのですが、ちょっと物足りない。
      そして文章に読み慣れるまでにだいぶ時間がかかりました。
      深夜枠のドラマにしたらおもしろそう!なんて思っていたら、
      似た系統の作品がドラマ化するそうで…それも月9!!
      ドラマは見ませんが小説の方は試しに読んでみようかな。



『時の輝き』  折原 みと


      懐かしい!!と思わず手に取ってしまいました。
      小学生の頃だったかな、この作家さんの作品が何冊か家にあり、
      読んでいました。
      確かドラマもありましたよね!?見ていたような気もします。。
      あれから十数年…(笑)
      なんともベタで恥ずかしいセリフに文章!!(笑)
      それでもわかっているけれど、やっぱりうるっときてしまう。
      なんだか一瞬若返りました(^^)



『MAZE』 恩田 陸


      ホラーチックな場面に怯えながら読みました(笑)
      中盤くらいまでは結構ハラハラドキドキして読んでいたのですが、
      最後らへんのオチ(?)がなんかすっきりしない感じでした。



『天使の眠り』  岸田 るり子


      後半はトリックというかこういうことかな?というのがなんとなく
      読めました。
      でもなんというのか…うーん終わり方がなんというか…
      ちょっと一歩ひいてしまう感じで、ぐっと世界に入り込めませんでした。



『帰ってきたアルバイト探偵』  大沢 在昌


      このシリーズは好きです。今回もおもしろかった。
      話はかなりでかいことになっていましたが(笑)
      ただこの分厚い本を持ち歩くのはちょっと大変。
      ハードカバーを持ち歩く人は本当尊敬します!



『Run!Run!Run!』  桂 望実


      思っていたよりも集中して一気に読めました。
      だんだん人間臭くなる感じがわかりやすかった。
      青春小説な印象が強かったかな、個人的には。
      学生時代もあってのその先の苦労もちょっと読んで
      みたかった。




『I'm sorry,mama.』  桐野 夏生


      この作品、新年1発目に読んでいたのですが…
      えぐいです。
      年の初めに読むには適していなかったかも(笑)
      それでも結構しっかり読んじゃいました。
      どーしようもないです。本当。







      
2013.01.08 Tue l book l コメント (0) トラックバック (0) l top
そういえば、少し前に書いた

ブログでの読書記録について。

あれさっそくやっているのですが、

こことはリンクさせないことにしました^^;

あくまで記録用です!

…て、あちこちに記録しすぎな気もしますが(笑)




『ラットマン』 道尾 秀介

  
     初めて読む作家さんでしたが、好きかもしれません(^^)
     いいペースで読み進めることが出来ました!
     そして解説を書かれているのがsuuaの好きな作家さん!!
     解説まで読み終えてから、これは当たりだったと思いました(笑)


『まひるの月を追いかけて』 恩田 陸


     うーん…なんだかスッキリしない読後感。
     本編のストーリーよりも、合間の童話(?)がおもしろかったり!!
     歴史が不得意なsuuaにはよりおもしろさが半減してしまったのかも
     しれませんね^^;



2012.11.12 Mon l book l コメント (0) トラックバック (0) l top
自分の読んだ本を記録しておく術が

webにはたくさんあるらしい。

あるアプリをひとつ利用しているんでけれど、

ちょっとブログでもやってみようかな。

でもこの記録もせっかくだから続けたい。

3つも出来るのか!?

レビューとか全然違う事書きそう(笑)

それもおもしろいか(^-^)



『どれくらいの愛情』 白石 一文


    うーん、読むのにかなり時間がかかってしまった。
    内容はあんまり関係ないけど^^;
    愛情っていろいろですねー(笑)


2012.10.16 Tue l book l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。