諸事情により、いつでも好きなときに

PCを使えるわけではないsuua。

なので、書けるときに好きなだけ書いちゃいます♪


お仕事でのこと。

この前、夏祭り的なことを行いました。

内輪的な印象が強いイベントではありましたが、

様々な人に来ていただくという趣旨で行われました。

そのイベントについて。

先輩「来場者の中に、なかなか輪に入れず外から眺めているような方がいたようです。
   付きっ切りで交流を図ったり橋渡しをすることはできないが、もっと私たちの
   意識が向いていたらその方々にもより楽しんでいただくことができたのでは
   ないでしょうか?」

と、投げかけました。suuaもそれは大事なことだと思いました。

しかし…

上司「今回のイベントは対象としている人たちを楽しませることが目的。
   私たちがそこまでしていたら手が回らない。それに、交流を持ったり
   することが今回の目的ではない。別の機会でならそういった機会も作れる
   かもしれないが、今回のイベントにおいてそれは私たちがやるべきこと
   ではない。」

といった感じの結構厳しい返しがありました。
(それぞれの言葉はだいぶ実際と違いますが…ニュアンスはこんな感じでした)

確かに…今回のイベントにおける対象となる人は

その‘輪に入れなかった’方々ではありませんでした。

でも、実際来場していただいているのですから、

退屈に感じられた方がいらっしゃったのであれば、次回その部分を考慮

していく必要があるという意見にsuuaは賛同しました。

対象となる人はもちろん、お越しいただいた皆様に

楽しい時間を過ごしてほしい!

そのために私たちができることがあれば、そこはもっと努力しよう!

という姿勢は、大事だと思うのです。

別に難しいことをするわけではなく、

挨拶をして少しでも言葉を交わしたり、手持無沙汰の人に声を掛けたり…

そういった一人一人の意識があるとないとでは、

来場した方の印象だって違うのではないでしょうか。

この意見が正しいとか正しくないとか、

それはわかりませんが…

来場した方を区別するような上司の発言、

対象としていた人以外をバサッと切るような姿勢、

正直とても哀しかったです。

こちらから人を招待するイベントにおいて、

そんなドライな考えで取り組んでいる仲間がいたのかと…。

もちろん別の機会で~という内容もあったので、

完全に切り捨てて考えているわけではないということは

わかっているのですが…

次にまたこういったイベントがあったとき、

同じ問題にぶち当たると思います。

suuaはそのとき、どうするかな…

この問題を眠らせるか、火花を散らすか…

他のみんなはどう感じたのだろう?


長々とすみませんでした…

でもこのままモヤモヤモヤモヤ

やっぱり眠らせたくなかったので

自分の中の整理・記録として書きました。

愚痴っぽくなってしまい、不快に感じた方もいらっしゃると思います。

失礼いたしました。










スポンサーサイト
2010.08.04 Wed l work l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://yyyca.blog96.fc2.com/tb.php/19-d41e0909
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)